女子学生

医学の道へ進むために【医学部予備校で経験値アップ】

目標の大学に入るために

勉強道具

まずは目標の大学を決める

医学部の大学に入学を目指しているならば、医学部専門予備校で学んだ方が目標にたどり着きやすくなります。ただし、いくつもの予備校があるため選び方には注意をする必要があります。特に特定の医学部に入りたいと考えているのならば尚更です。というのも、予備校によっては得意とする大学の入学試験が異なっているからです。それぞれの大学には、入試試験のクセみたいなものがあり、それに応じた傾向と対策を予備校では提供することとなります。それなのに目標とする大学とは違うところを特化している予備校に入ってしまうと、あまり効果を発揮しないまま終わる可能性があるのです。まずは自分がどこの大学の医学部に入りたいかを知ることが大切です。

学科試験と面接・小論文

では、医学部専門の予備校では一体どのようなことをするのでしょうか。まず基本的に学科試験を中心とした講義を受けることとなりますが、そのスタイルは大きく集団大教室・少人数制・個別指導の3つに分類することができます。受講料は集団大教室が安く、個別指導の方が高い傾向にあります。そして、学科試験の対策だけでなく面接・小論文の対策までフォローしてくれる予備校がほとんどです。毎年同じ面接官であるケースが多く大学によっても質問の傾向が表れているため、そこを重点的に指導しており、近年はこの面接を重視している大学も増えています。一方、他の教科はとにかく効率的に目標に進んでいくことが重要であるため、ほとんど対応していません。

今人気となっている高校

男子学生

千葉で通信制高校が人気となっている一番の理由は単位制であるということからです。単位制のため留年がないので、自分のペースで学習することが出来ます。そして、通信制高校はそれぞれに特徴が違いますので、自分の進路に合った学習内容の学校を選択することが大切となります。

もっと見る

たくさんの勉強法

教師と学生

英語を勉強する方法として塾に通う方法がありますが、近年人気のある勉強方法は会話を中心に勉強することができるところです。また、塾によってコンセプトが大きく異なるために、それぞれの特徴を理解して入学するのがよいです。

もっと見る

希望校に進学するためには

男性

将来の夢に向かって進学するのですから、個別指導の塾であれば 一人一人に合った進度で進めてくれる上にわからない所はわかるまで教えてくれるため無駄のない学習ができます。また、例えば京都では中高一貫教育が増えているので塾もそれをふまえた上で通うことも考えて選ぶのが大きなポイントです。

もっと見る